今週末、5/12(金)~14(日)
BMW MOTORRAD HERITAGE FAIRが開催されます

Screenshot_2017-05-11-07-59-46


http://m.bmw-motorrad.jp/jp/ja/event_campaign/r9t_heritage_fair_2017/index.html

フェアのメインとなるのはRnineT、及びその派生車
フェア期間中は試乗に訪れるライダーも多い事から、普段の休日に比べて『試乗させて』と言いやすいと思われる♪ヽ(´▽`)/

…まぁ、私の場合は普段の休日でも図々しく試乗させて頂く訳だがΨ( ̄∇ ̄)Ψ

丁度都合の良い事にRnineTには試乗はおろか跨った事すら無いのでこの機会に経験できると良いなぁ(>ω<)/

現在訳あって、愛用のOGKカブトKazamiをOGKに預け、代わりにOGKから貸与された代替えのエアロブレードⅢを使用しています

DSC_5821

何故KazamiがOGKに行っているかは後日報告するとして、普段ヘルメットひとつで運用している私としては、使う予定の無かったエアロブレードが手元にある訳で…

DSC_5822

素人なりの軽いインプレッション…というか体感、感想をお知らせしたいと思います

まず第一に

・非常に軽い

Kazamiがシステムヘルメットなので可動部分が有り、構造上どうしても重量増となるので、この感想は当然の結果かと思いますが…
だがそれにしても軽い
この軽さは長時間走行時、長距離ツーリング時に、疲れないという有利性でじわじわと差が出て来るかもしれない

次に

・顔面の換気が良い

走り出せばすぐに体感できる、顔面に走行風が導かれる為、非常に快適
Kazamiには標準装備の、アゴの所のフラップが付いていない為かと思うが、徐々に暑くなってきたこの季節、この換気は快適そのもの
逆に冬場はアゴフラップを追加しないと鼻水パニックが起こる…かも知れない、個人差によるが
Kazamiが戻ってきたら、夏の間はアゴフラップをはずしてみようと思う

そして

・シャッター

Kazamiのシャッターは口の部分、おでこの部分に有り、後頭部の排気口は常時オープン
エアロブレードのシャッターは口の部分、後頭部の排気口に有り、おでこの導入口は常時オープン
前述のとおり全閉でも換気が良いのだが、全開にすると十分な風を頭部に感じられる

・内貼り

全部はずして洗濯できるのは清潔面でありがたい、良い時代になったものである

・ピンロックシート

標準装備なのか、貸与時に付けてくれたのかは不明、だが暖かくなってきたこの季節、今のところあまり効果の程は体感できず、残念
体感できないだけで、本当は曇るところをクリアに保ってくれているのかも知れないが…そういう事だと思う
逆にシート上面の境目が走行時の目線に被る為、そういう面でものすごい存在感がある
Kazamiがピンロックシート非装着だったので存在感があり過ぎて曇りよりそっちの方が気になる

いつ戻ってくるか聞いてないけど、戻ってきた私のkazamiは万全の状態になっているハズだから、期待してます(>ω<)/。・゜゜・続きを読む

当ブログの常連様、及び過去9ヶ月程の記事をご存知の皆さま、覚えていらっしゃいますか?

SSTR-MI
→初出し記事http://fortunewing125.blog.jp/archives/10964739.html
→開催日暫定設定
http://fortunewing125.blog.jp/archives/15829794.html

はい!ビクッとした方、
あなたはコチラ側の人ですからもう逃げられません、
最後までお読みください

過去記事にて7/8(土)に開催すると宣言したのをお忘れではないでしょう?

そしてざっくりとしたルールを記述しただけで、詳細はおいおい皆で決めて行こうと記述したのも忘れていないはず

7/8(土)まであと二ヶ月
来週末5/20(土)には本家SSTRも開催される

そろそろ動き出そうじゃないですか

基本的なルールは本家SSTRに準ずる
スタート、ゴールは一定の基準を満たした上で各自自由設定
チェックポイントルールは基本的に本家に準拠
その『一定の基準』『チェックポイントルール』そしてその他の懸案事項、
それらを参加者、及び責任ある発言ができる訪問者の方にて策定したいのです

優先的な項目として

・スタート、ゴールの規定(何km以上離れている事、長距離の経験の有無、等)

・チェックポイントの規定(最低必要数、必須チェックポイント、ハンデ、等)

・全行程及びゴール後の安全確保(事務局等は無いので全てに於いて自己責任)

これ以外の項目も、策定に参加したメンバーで一つずつ決めて行きたいと考えています

尚、以前にもお話しましたが、他に誰も走らなくても、私は一人で走ります
スタートは三重県津市、マリーナ河芸
ゴールは鳥取県、鳥取砂丘

関東甲信越、中部東海、近畿関西の方々の多くは千里浜を目指すと思われるが、私は既に千里浜に到達している事と、ゴールを千里浜固定としない趣旨も含めて、違う場所を設定したい
申し訳ないが、私は15年以上ぶりの鳥取砂丘を目指します

チェックポイントに関しては最低5ヶ所と思っていますが、昨年のSSTR-KK千里浜ツーにて10ヶ所クリアしている為、妥当なハンデ設定案が出れば従います

私はゴール後そのまま帰路につく、いつもの弾丸ツーとします

現状こんなかんじで考えています

以上、ご意見ございましたらよろしくお願い致します

↑このページのトップヘ